訪問・情報公開 (扉をひらく)

精神科病院を開かれたものにする

療養環境サポーター制度(大阪府精神科医療機関療養環境検討協議会事業)は、療養環境サポーターが病棟等を訪問し、精神科病院の病棟へ視察し、患者等から聞き取りを行う権利擁護システムです。
精神科病院に入院中の方の人権を擁護し、より良好な療養環境の維持、発展を目的として、2009年4月からスタートしました。当センターは、訪問先病院の選定、サポーターの日程調整、報告書作成に関与する等重要な役割を担っています。