お知らせ

人権センターニュース150│大阪精神医療人権センター設立35周年に向けて ~これまでと現在、そして今後に向けて~(2019年12月号)

2019.12.06 UP

■大阪精神医療人権センター設立35周年に向けて~これまでと現在、そして今後に向けて~

■精神医療人権センターに関わるようになった経緯
私が精神医療人権センターに関わるようになったのは、今から30年前の1989年からで、今はなき京都滋賀精神医療人権センターに参加させてもらったことに端を発する。当時、私は京都弁護士会に登録しており、京都滋賀精神医療人権センターは、中島俊則弁護士や吉岡隆一医師らが中心となって活動していた。
その後、私は大阪弁護士会に移籍し、これに伴って京都滋賀精神医療人権センターから大阪精神医療人権センターに移ることになった。…………

人権センターニュースは入会することで購読できます→こちら

▽大阪精神医療人権センター設立35周年に向けて~これまでと現在、そして今後に向けて~/大阪精神医療人権センター 共同代表 大槻 和夫

▽大阪精神医療人権センター設立34周年記念シンポジウム「海外の制度から日本の精神医療を考える~本来求められるべき権利擁護システムの構築に向けて~」ご報告
▽自由の剥奪に自覚的であるために/竹端 寛(権利擁護システム研究会コーディネーター 兵庫県立大学)
▽大阪がハブになり、権利擁護の全国展開を/原 昌平(ジャーナリスト 精神保健福祉士)
▽フランスの精神科強制治療制度/石埼 学(龍谷大学法学部教授)
▽イギリスの強制通院制度CTOおよび権利擁護システムについて~強制医療とアドボケイト~/浜島 恭子(特定非営利活動法人DPI日本会議事務局員 明治学院大学非常勤講師)

▽2019年度の活動とこれからの活動を知って、大阪精神医療人権センターの活動に一緒に参加・サポート(支援)してください/細井 大輔(大阪精神医療人権センター 理事・弁護士)
▽個別相談活動&訪問活動の拡充に向けて
▽権利擁護活動の他地域への拡充に向けて
▽よくある質問を整理しました
▽2020年度の向けた活動計画
▽扉よひらけ⑧の発刊を目指します

▽療養環境サポーター活動報告/白井病院
▽療養環境サポーター活動報告/七山病院

▽入院中の方の声

人権センターニュースの購読は、年間3000円より【入会はこちら】

当センターの活動を維持し、充実させるためにご支援をお願いします。

現在、当センターの活動には、当事者、家族、看護師、PSW、OT、医師、弁護士、教員、 学識経験者、マスコミ関係者等の様々な立場の方が、世代を超えて参加しています。当センターは精神科病院に入院中の方々への個別相談や精神科病院への訪問活動、精神医療及び精神保健福祉分野への政策提言活動等を行っています。

会員・寄付について