お知らせ

人権センターニュース151│【特集】「国際的な視点」から日本の精神医療を考える(2020年2月号)

2020.02.19 UP

大阪精神医療人権センターでは、2020年3月8日には講演会「『精神医療における人権保障の未来』欧州における恣意的拘禁防止の到達点―扉の奥に、事前通告なく踏み入れる世界基準―欧州拷問等禁止条約がある社会の、新たなガイドラインを学ぶ」、2020年3月28日には講演会「欧米の精神科医療における権利擁護システム~本来求められるべき権利擁護システムの構築に向けて~」を予定しています。
そこで、人権センターニュース2020年2月号では、「海外の視点」、「国際的な視点」をテーマとして、日本の精神医療の現状、課題を考える特集を企画しました。
当センターでは、海外の制度から日本の現状を単に批判するのではなく、海外の実践を日本の実践に活かしていくことを目指します。是非、ご一読いただき、安心してかかれる精神医療の実現を目指していくためにご協力、ご支援ください。

人権センターニュースは入会することで購読できます→こちら

▼ご報告
▽パナソニック NPO/NGOサポートファンド助成決定/平尾 良昭
▽損保ジャパン NPO基盤強化助成決定/渡辺 みちよ
 
▼特集 「海外の視点」「国際的な視点」から日本の精神医療を考える
▽障害者権利条約 第1回政府審査(於:ジュネーブ)の活動報告/桐原 尚之(全国「精神病」者集団)
▽講演会「精神医療における人権保障の未来 欧州における恣意的拘禁防止の到達点」(2020年3月8日)にて通訳・解説をされる戸塚 悦朗さんにおききしました Q「恣意的拘禁」とはどういうことですか?など
▽「自由こそ治療だ」のイタリア「牢屋こそ治療だ」の日本/大熊 一夫(ジャーナリスト)
▽オーストラリアニューサウスウェールズ州の権利擁護/松本 真由美(精神保健福祉士・日本医療大学・大阪精神医療人権センター権利擁護システム研究会)
▼ベルギー、イギリス視察より
▽ベルギー視察から学んだこと~精神科医療が変わっていくために大切なこと~/弁護士 小山 操子 
▽ベルギーの視察から感じたこと~物事の本質を考え、批判的に考えることの大切さ~/弁護士 佐々木 信夫
▽イギリスの精神保健制度視察の雑感/弁護士 佐藤 暁子

▽療養環境サポーター活動報告/阪和いずみ病院
▽療養環境サポーター活動報告/茨木病院

▽入院中の方の声

人権センターニュースの購読は、年間3000円より【入会はこちら】

当センターの活動を維持し、充実させるためにご支援をお願いします。

現在、当センターの活動には、当事者、家族、看護師、PSW、OT、医師、弁護士、教員、 学識経験者、マスコミ関係者等の様々な立場の方が、世代を超えて参加しています。当センターは精神科病院に入院中の方々への個別相談や精神科病院への訪問活動、精神医療及び精神保健福祉分野への政策提言活動等を行っています。

会員・寄付について