お知らせ

精神科に入院中の方のための権利擁護・調査~ご協力のお願い~

2021.01.06 UP

認定NPO法人大阪精神医療人権センターは、精神障害者の権利擁護活動を行い、安心してかかれる精神医療の実現を目指し、当事者・家族・医療福祉従事者・弁護士・市民により1985年に設立された認定NPO法人です。このたび公益財団法人日本財団助成事業の一環として、精神科に入院中の方のための権利擁護に関する調査(以下「本調査事業」といいます。)を実施することになりました。

精神科に入院中の方々の中には、「生活したいところで生活する」「行きたいところに行く」「知りたい情報を知る」「好きなところで食べ、好きなところで寝る」「プライバシーが守られる」といった当たり前の自由や権利が制限されているケースが多くあります。
大阪精神医療人権センターは、精神科に入院中の方々の権利擁護活動を行うとともに、それを通じて精神障害者に対する社会の理解を促進し、障害の有無にかかわらず誰もが安心して暮らせる社会の実現のために活動して参りました。近年は、大阪以外の地域からも相談をいただくことが多く、全国規模での権利擁護活動への高いニーズを感じております。

そこで、精神科に入院中の方を対象とした権利擁護活動/事業の現状を全国的に把握し、全国のユーザーがアクセスしやすくなる情報媒体の構築を目指すため、本調査事業を実施します。
つきましては、大変恐縮ですが、貴殿が所属する団体の活動内容について、以下のアンケートにお答えいただければ幸いです。お答えいただいた内容を集計した結果は報告書にまとめて共有いたしますが、上記以外の目的に使用することはありません。

 

 

1 実施主体
 認定NPO法人大阪精神医療人権センター

2 調査目的
(1)全国における精神科に入院中の方のための権利擁護活動・事業の現状と課題を整理し、今後、注目される権利擁護活動・事業を発掘する。
(2)各活動・事業にユーザーがアクセスできるような媒体物(ウェブサイト等)に情報を整理する。(3)権利擁護団体間のネットワーク構築による各活動の充実を目指す。

3 調査方法等
(1) 回答方法 グーグルフォーム
(2) 回答期限  2021年1月6日(水)から 2021年2月14日(日)まで

*書面によるアンケートの回収は行わず、ウェブ(グーグルフォーム)による回答のみとなります。

4 調査対象
  全国にある精神科に入院中の方の権利擁護活動・事業に関わる機関・団体

5 倫理的配慮
(1) データ処理
ご回答内容は、本調査事業以外の目的には使用しません。
(2) 調査結果の公表
調査・分析結果は報告書及びウェブサイト等にまとめて公開するとともに、学会・学術誌で公開する場合もあります。いずれも、個人が特定されることはありません。

6 お問い合わせ  
  ご不明点、ご質問等ございましたら、下記までお問い合わせください。
   認定NPO法人大阪精神医療人権センター(担当:上坂・藤村)
    〒530-0047 大阪市北区西天満5-9-5 谷山ビル9F
    TEL:06-6313-2003 FAX:06-6313-0058 (対応可能時間:平日10時~17時まで)
    Email: advocacy@pearl.ocn.ne.jp

 

 

当センターの活動を維持し、充実させるためにご支援をお願いします。

現在、当センターの活動には、当事者、家族、看護師、PSW、OT、医師、弁護士、教員、 学識経験者、マスコミ関係者等の様々な立場の方が、世代を超えて参加しています。当センターは精神科病院に入院中の方々への個別相談や精神科病院への訪問活動、精神医療及び精神保健福祉分野への政策提言活動等を行っています。

会員・寄付について