お知らせ

人権センターニュースのご案内

2019.05.09 UP

人権センターニュースは、精神科医療の権利擁護と精神保健福祉について当事者、家族、医療・福祉従事者、学生、教員、弁護士、市民それぞれの立場を超えて、安心してかかれる精神医療の実現に向けて、一緒に考えるための情報誌です。専門職から入院中の方まで執筆に参加しています。隔月発行、入会することで郵便にてお届けします。

人権センターニュースの購読は、年間3000円より【入会はこちら】

人権センターニュース148【特集】精神障害者の権利擁護に取り組む他団体の活動を知る(2019年8月号)
人権センターニュース147【特集】個別相談活動~精神科病院に入院する方々の立場にたった権利擁護活動を実践するために~(2019年6月号)
人権センターニュース146【特集】精神科病院における身体拘束を考える(2019年4月号)

人権センターニュース145【特集】630調査の非開示問題を考える(2019年2月号)
人権センターニュース144【特集】精神科病院に入院中の方のための 権利擁護の拡充に向けて(2018年12月号)
人権センターニュース143【特集】個別相談ボランティア養成講座(2018年10月号)
人権センターニュース142【特集】精神科病院における医療保護入院を考える(2018年8月号)
人権センターニュース141【特集】日本の精神医療の現状と課題(2018年6月号)
人権センターニュース140【特集】権利擁護システム研究会(2018年4月号)

人権センターニュースの購読は、年間3000円より【入会はこちら】

当センターの活動を維持し、充実させるためにご支援をお願いします。

現在、当センターの活動には、当事者、家族、看護師、PSW、OT、医師、弁護士、教員、 学識経験者、マスコミ関係者等の様々な立場の方が、世代を超えて参加しています。当センターは精神科病院に入院中の方々への個別相談や精神科病院への訪問活動、精神医療及び精神保健福祉分野への政策提言活動等を行っています。

会員・寄付について